ベランダ日記
マンションのベランダで植物を育てながら、日々癒されてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンサンミッシェル

旅行3日目

ノルマンディー地方のサンマロという中世の要塞都市で朝を迎えました。

 

 
 
ここは、昔、政府公認の海賊を認めていた要塞都市です。

 
夏のバカンスに一週間くらい、こんなところで滞在したいものです。

 

 
街のパン屋さん、早朝からお店開けてました。おいしそう。

 
このサンマロを九時に立ち、一時間かけてモンサンミッシェルに向かいます。
 

 
バスの前方にモンサンミッシェルが見えてきました。
観光客、しばし興奮。

 

 
 
現在は、陸とこの島が道路で結ばれていますが
昔は、道路がなく潮が引いたときにしか、対岸に渡れなかったそうです。
 

 
 
このモンサンミッシェルの対岸側、ほんとになーんにもなくて、
羊さんが草を食んでいるだけの湿原なんです。

 
 
↑ここがモンサンミッシェルの入口です。
 

 
最初お土産屋さんが続く細い道をぬけ、
上に登っていくと、モンサンミッシェルの影が海にくっきり写ってました。
 

 
下を眺めると、かつて要塞都市として使われた時代の名残りがわかります。
  

 
一番上には、こんなに見事な教会が。
よくまー、こんな小さな島にこんな立派なものを建てたもんだと感心
 

 
この教会を抜けると、僧侶たちが瞑想に使った回廊が・・・。
これも、岩石の上に作ってあるのです。
 

 
↑ここは、僧侶たちのDining、スペース。
ちなみに、Monks=男の僧侶しかこの教会には入れなかったそうです。
 

 
↑A to Z すなわち、「生から死」を意味する言葉だそうです。
 

 
さきほどの教会や、回廊を支えるため、
その下には柱で支える小さな部屋がいくつもあります。

 

 
外にでると、要塞都市としての機能が強化された時代
囲い込まれた城壁を歩くことができます。
 

 
そのスペースをうまくつかって、小さなレストランがいくつも軒を並べてました。
 

 
 
外を眺めると、潮の香りがします。海に浮かぶ、奇跡の島です。
 

 
城壁から上を眺めてみるとこんな感じ。
ガイドさんの言うとおり、モンサンミッシェルは、近くで見るとその全貌がよくわかりません。
 

 
再び下に降りてくると、ここの名物
プーラルおばさんのクッキーがたくさん売ってました。
 

 
このプーラルおばさん、昔遠くから参拝にやってくる信者さんに
オムレツをふるまったのだそうです。
 

 
そのレストランで、昼食をいただきました。
 


写真でみると、ちゃんとしたオムレツに見えるかもしれません。

でも、卵を撹拌して泡状にして焼いたものなので、軽くてぺろっと食べられてしまいます。

とてもじゃないけど、これでおなかいっぱいにはなりません。

昔、卵は貴重だったので、ボリュームを大きくみせるために撹拌して、

信者さんにふるまったそうです。

 

午後は、パリに五時間かけて、もどります。

 

 

ところで、CURURU、一度に複数の写真アップロードできなくなってます。

しょーがないから、一枚ずつアップロードしました。

時間かかってしょーがない。

あー、やっぱここ、もうだめかも・・・・(-_-;)

スポンサーサイト

コメント

ノルマンディーの朝、なんて素敵なのぉ♪
朝寝坊な私でも、早起きしたくなりそうなくらい素敵な町だね(^-^)
のんびりした町だけど、お店の看板やディスプレイも素敵なので、
ゆっくりとした時間を楽しめそうね(^-^)
ここの町には赤がすごく似合ってるネ♪

最近旦那のパソコン使ってるから写真UPが出来ないんだけど、
そんなに面倒な事になってるんだ(^^;)
クルルが延長されたからってここでまだ日記を書いているけど、
新しく書いた部分を、また引っ越さなければならないから、
そろそろ次の場所を決めないといけないねw。。。

[2009/11/24 09:40] URL | ゜.*?miu?*.゜ #79D/WHSg [ 編集 ]


みうっちコメントありがとう。なんだか、ここにコメントしようとすると、漢字変換できずに全部ひらがなになってしまうという日々が続いてました。自分のPCのせいなのか、CURURUのせいなのか謎?
ヨーロッパの古い街並みは雰囲気いいです。みうっちも、これから旅行に行くんでしょう。どこか知らないけど、ゆっくり楽しんできてね。

[2009/12/05 15:51] URL | Verander #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sweetkewred.blog109.fc2.com/tb.php/387-8f34d733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。